Käfer und Klee

てんとう虫とクローバー。日々のこと、毎日見つけたあれやこれ。ドイツ、デュッセルドルフ便り。

トラブル続きの引っ越し②(ドイツでお引越し その3)

www.youtube.com

今日のBGMは、Bill Evansのアルバム、

「Alone」です。

今回の引っ越しで気がついたことは、

とにかく、わたし、なんかものすごく大量に

物持ってるよね、、、って事です。😅

(下の子たち。引越しを経て、かなりモーレツな

捨てるキャンペーンをくぐり抜け、

なぜか、今もキッチンに。)

f:id:pockiepeach:20200405041504j:plain

だって、引っ越し終わって、早、3週間

経ってしまいましたが、

ゆっくりペースで片付けているとは言え、

まだ、ダンボール開けてないのが

何個かあるんですよ。。。

大いに反省中です。

 

で、なぜ、唐突にBGMかと言いますと。

今回、大量のCDの扱いについて、

じっくり考えたわけです。

何年間も全く聴かなかったCDがそのうちに

大半で。

この建物に引っ越して来た頃は、

7年前ぐらいだったかな。

その頃は、iPod に好きな音楽を入れて聴くのが

音楽の聴き方の主流になってて。

暫くしたら、それもしなくなり、

ほぼストリーミングが中心になったわけですよ。

結局、この建物に引っ越して来た頃から、

通算してCDを聴く機会は

全体にずっと減っていたのに、

ずっと部屋の片隅で

動かざるのごと、山の如し然と、

じっとじっと待って待ちわびていた、

CDチームの皆さん。。ごめん。

 

というわけで、今回の引っ越しを機に、

大半のCDには、いつか処分する前段階として

(心弱くてすぐには決断できず。)

地下室へ移動してもらうことに。

 

居間に残る栄誉に預かった(^_^; 厳選された数少ない

CDたち。

(と言っても、ぽいぽい、と感覚的に選んだ

だけなので、後で後悔もあるかもしれないですが。)

せっかくなので、

折に触れて聴いていこうと思っています。

----------------

さて、今日の本題はここから。

前回の引っ越し騒動記の続きです。

(はい、今日も長いです!)

 

引っ越し会社を決めたのは、実にザクッとした

感覚的な方法だったのですが、

(自分でお金を出さなくても

良かったこともあって)

これが多分、間違いの元でした。

 

結論から言うと、この引っ越し会社、

残念なことに散々だったんですよ。

 

まず、当日、10分以上過ぎて

のんびり3人ほどでやって来たわけです。

まあ、10分程度の遅刻、

連絡しろとは言いませんけれどね。

この3人というのが、

ちび(失礼!)の40代ぐらいと

(むきたてのゆで卵みたいな顔。🤣)

50代後半ぐらいの

お世辞にも若いとは言えない雰囲気の

ちょっとくたびれた感じの残り2人の組み合わせでした。

 

このちびのおじさんが、チーフで。

(名前からすると、この引っ越し会社の社長。)

さすがにこのちびチーフは、まあ、仕事ができて、

基本、しっかりはしてた。

指示もまあ、きちんと出してはいた。

 

しかし、後の2人がいけない。

とにかく、やる気がなさそうで、

動きがとろい。遅い!

5階からピアノを含めた大きい家具なども、

エレベーターなしで運ぶ、

結構ハードな内容だと思うけど、

この3人で本気で、大丈夫なのか????

見てて口や手を出したくなるぐらい、

(実際、自分でも少し運んだ。)

心もとない雰囲気でございました。

 

よくよく見てると、

ダンボールに大きく「寝室」と

ドイツ語で目立つように

書いてるのに、

キッチンに運ぼうとしていたり、

「この机は、ここに残ります!」

と、大書きしてある机を

下に運ぼうとしてたので、

何階も下がって来たところを発見して、

あ、ちょっと待って!それは下に運ばないでって書いたでしょ!!

どやしつけたりとか。😓

なんか容量を得ないこと、この上なし。

 

ピアノも、あっちにぶつけたり、

こっちにぶつけたり、

結構すごい音がしてたので、

心臓に悪いから運ばれている間は

見えない場所に避難していました。

 

この会社のちびチーフも、

なんだか、真面目なのか?という疑いたくなる

瞬間が何回か。

「芸術は、日々の糧だ!人生の糧だ!!」

と急に呟いて、

ピアノをちゃらりーんと勝手に弾いて

悦に入ったり。

(ちょっと、jazzっぽい和音を

鳴らしてただけでしたが。)

 

急に家族の話してきたり、

こちらの話(恋人はいるのかとか、与太話)

を聞きたがったり?

まあ、仏頂面で感じ悪い人よりは

良いかな〜とは思いましたが、

かなり微妙でした。

 

大丈夫かなぁと最初に感じた不安が

そのあと、結局的中してしまったわけですよ。😭

 

昼休みに行って、

(これもちょっと謎でした。

引越しの途中、昼休みに行く?普通??)

戻って来たら、ちびチーフが暗い顔で言いました。

 

「ごめん、1人、体調不良で帰っちゃった。

ちょっと、今日、

全部終わんないかもしれないわ。

先に言っておくね。

他の人補充しようにも、うちの会社員、

後2人が現在、病欠でね。。

あ、コロナじゃないからそれは大丈夫なんだけどね。」

 

まじか?!!!!

終わらない?それってあり?

聞いたことないけど?

引越し業者が途中で帰るって?!

 

もう、この時点で十分、

ボーゼンだったのですが、

10時にやって来た彼ら、

14時ぐらいに、一応大物は全部下に下ろす所までは

やった物の、まだ作業は残っているのに

予告通りに帰ると言い出しました。

 

「いや〜、今日はね〜。実は娘の誕生日で。

20歳になるんよ。」

はあ、それはおめでたいことですねえ。🤔

一応、おめでとうと言いましたよ。

 

しかし、その後に続いた言葉に絶句。

「そういうわけで、今日は早く帰って、

パーティーの準備してあげないと

いけないわけ。

お客さんには申し訳ないけど、

これね、どうしても外せないから。

代わりに明日来ますわ。」

いや、それが理由としても、言うか?

お客に面と向かって。

それに、明日、朝から晩までこちとら用事入ってるし!😱

何言い出すの、このおっちゃん?と思いましたよ。

結局、代替案として、ドイツでは普通あり得ない、

日曜日に来ることに。

 

日曜日、たまたま空いてはいましたが、

このおっちゃんの為に、わざわざ

もう一回時間を割くのか〜、と思うと、

かなりうんざりした気分でしたよ。


日曜日はささっと来て、仕事はまあ、

それなりにきちっとはやって行ったけど、

全体に仕事っぷりがあまり早くない

印象でした。

 

次回引っ越すことがあっても、

絶対にこの引越し会社にお願いすることは

無いと思います!😖

 

この後、じっと考えてみましたよ。

デュッセルドルフの引越し会社について。

わたしデュッセルドルフ内での引越しを

通算、今回を含め、4回した事に

なるんですが、

そのうち3回は、

引越し業者と引っ越しています。

(一回は友人たちに手伝ってもらった。)

その中で、なんの問題もなく、

値段もまあリーズナブルで、

対応も親切、非常にスムーズだった引越しは

業者に頼んだ第一回め!

この会社、1回めだったので特にそういうものだろうと、

感動もなかったのですが、

こうして振り返ってみて気がつくに、

彼らは優秀だったんだ、、、、と言う事です。

 

なんだ、最初っから気がついておけば良かった。

ちなみにこの会社です!

www.toniadam.de

 

もし、次回があるならば

(もう、しばらく〜は勘弁したいですが。)

この会社にお願いするぞ!!😠

 

引越しにまつわる、困った話は

他にも本当は色々あったんですが、

いつまでも引きずっていても

なんですので、一応、今回で終わりにします。

 

実はまだ片付いてない事も

いくつかあって、いらいらさせられる事も

ある日々ですが、

もう、ここでつべこべ言っても

事態が好転するわけでもないし。

コロナの影響もあるっちゃあるしでね。

気持ちを切り替えて、

いろいろ前向きに対処していこうと思います。

 

ただ、お部屋を整えるにあたって、

ドイツに住んでいる人のヒント?

になるような話は、

もしかして書いていくかも。

ちょっと様子を見ながら考えます。

 

何はともあれ、13日の金曜日、

どうしてもと言う場合は

しょうがないですけど、

避けれるなら引越しはお勧めしませーん。😅ははは。

 

今日も長い文章に付き合ってくださり、

ありがとう!

次回更新は、週の半ばぐらいに。

良かったらまた見に来てくださいね〜👋🏻👋🏻👋🏻

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナ対策での隔離生活、2週間目。

ドイツのコロナ政策、自粛強化が進んで、

2週間目に突入、早、半分を過ぎました。

わたしは、元々インドア派な上、

引っ越しの後処理がとにかく、

大変ということもあり、

毎日、家にいるとやる事が盛り沢山で、

全く暇つぶしを考える必要もなく、

意外と平気に過ごせています。

 

生徒が半数オンラインに移行してくれたので、

ピアノ教室の生徒半数分の給料が減って、

ピアニストとして外での仕事も

全てキャンセルなので、

長引くと徐々にやばい状況になりそうですが、

今の所はまだ、口座を見て青くなるところまでは

行かずに済んでおります。😌

 

ドイツ政府が、素早い対応で、

自営業や、小会社への援助を決めてくれて、

(この場合、1人での自営業はSolo-Selbständige )

早速、登録する事ができます。

その対応は州によって、違うようですが、

わたしが住んでいる、NRW州の場合、

3ヶ月間、9000€までの援助が可能との事です。

https://www.wirtschaft.nrw/nrw-soforthilfe-2020

 

一応、5月の末までに登録可能との事なので、

これから、どれぐらいの損害になるのか、

ちゃんと計算して、

(コロナウイルスに対する政策次第で、

金額が変わって来るので。)

ぎりぎり、5月まで待ってから、提出するつもり。

ありがたいですね!!😭

 

こういう背景もあり、

わりとゆったりした気持ちで、

Quarantäne(隔離)生活を過ごすことが

できているかと思います。

 

新しい家は、全然引っ越したくなかった割に、

引っ越してみると、

思っていたよりずっと、住み心地が良く

毎日、新居をちびちび整えていくのが、

喜びになっています。

 

13日の金曜日に引っ越してしまったため、(?)

全くスムーズに行かず、大変な思いをしたのですが、

(前回の記事に、そのエピソードを

書きました。)

その話の続きは今度の更新時に書きたいと思います。

ちょっと、今日はコロナ隔離モード生活の話を

ちょこっとね。

 

わたしは、頸部ジストニアという持病を患って

いるのですが、

今回のこの隔離モードで

この病気のケアに関して考えていることが

あります。

(つまらないかもしれませんので、興味ない方は

飛ばしてね。)

 

この持病については、記事を以前書きました。

yuruyuruduessel.hatenablog.com

昨年の夏以来、長く続けていた薬をやめて、

定期的な運動と鍼通いに、シフトしてから、

恐らくジストニアの薬の副作用であった、

軽い(?)鬱症状もなくなり、

かなり元気になって症状も抑えられて、

ほぼ健常者のように生活する事ができています。

 

昨年の春頃から、フィットネスクラブに入り、

週に2回のヨガと軽い運動、

週に1回の水泳(近所のプールで)を続けて、

鍼も10日間に一度通って来ました。

 

日本で鍼治療を受けた時に、

先生が、

「ずっと通おうと思わなくて良いんですよ。

神経の病気も、鍼は最終的に自己治癒力を促して、

必要なくなる所まで、持って行くことができるんです。

最初は怖いかもしれないですが、少しずつ間隔を減らして

最後、通わなくて良くなるのを目標にしたら良いと思いますよ。」

とおっしゃっていたので、

ほうほう。そういうものなのか。

と、目から鱗の気持ちでした。

 

というのは、

わたしがデュッセルドルフでかかっている

香港出身の鍼師の先生は、

とても腕が良く、感じの良い人ではあるんですが、

全く減らそうという事もせず、

基本、来るもの拒まず、というのか、

もっとはっきり言ってしまうと、

儲け主義😓、、、、のようで。

 

それでも最初の頃は、

ずっと1週間に一度通っていた所を、

地元の先生から聞いたアドバイスを元に、

自分から、10日に一度に減らした

経緯がありました。

 

実は、1年経って見て、

自分の状態もとても良い事だし、

もしかすると、

これは14日に一度のペースに落としても

問題ないのではないか????

という気がして来た所、

試すにはまた良いタイミングかも、という感じに

診療所がお休みになりました。

コロナで患者が減っているところに、

先生としては踏んだり蹴ったりでしょうが、

まあ、しょうがない。

 

地元の先生が言ったみたいに、

いつか、なしでやって行けるなら、

こんな凄いことはない!と思います。

 

コロナで水泳も、フィットネスも行けない日々ですが、

自宅でビデオを使ってヨガをしたり、

(↓お勧めのヨガサイトです!)

www.youtube.com

遠目のスーパーへ買い物に行ったりして、

出来るだけ身体を動かすよう、

心がけています。

 

そんな中、少し遠目のスーパーへ出掛けた時、

こんなでっかい看板を見かけました。

f:id:pockiepeach:20200402061110j:plain

「うちにいましょう、健康でいましょう!」

なんか、標語みたい。😆

f:id:pockiepeach:20200402061416j:plain

レストラン、カフェ、映画館、劇場、コンサートホール、美術館、博物館、

小売店、デパート、なんもかんも閉まって、

おまけに人にもできるだけ会わないように。。

こんな状況なので、今、日々の買い物が

レジャーと化してるかもしれない。

 

写真はドラッグストア、

Rossmann でゲットした、自動コーヒーミル!

わたしは持病のせいもあり、

基本、カフェイン抜きのコーヒーを

普段飲んでるんですけど、Amazonで見たら、

カフェイン抜きのコーヒー豆も売ってますね。

ドイツは、

カフェイン抜きのコーヒーの粉は、

どのスーパー行っても置いてあるので、

買い物しやすいんだけど、

豆もオンラインでなら買える!

これ、そのうち試すか?!!

 

そう、日々の買い物がレジャーになってる件。

とにかく、じろじろ見倒しています。

戸棚から戸棚へと、一つずつじっくり、

じろじろ。🙄

時間も普段の倍ぐらい余ってるしね。

結構楽しいですよ。

スーパーに寄っても、こんなもの置いてるの?!

と発見があったりして。

 

さて、本日も長い記事を最後まで

お付き合い、ありがとう。

次回更新は、日曜日あたりに?

良かったらまた、見に来てくださいね〜👋🏻👋🏻👋🏻

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラブル続きの引っ越し① (ドイツでお引越し その3)

f:id:pockiepeach:20200329062407j:plain期日決める時に、ちらっと思わない事は

なかったですよ。

13日の金曜日にお引っ越しって

ちょっとねって。。。😅

でも、現代に生きているし、

キリスト教徒でもないし。

まあいっか、って思ったわけですよ。

 

しかし、結果は惨敗。(っていうのか何なのか。)

この引っ越し、コロナ騒ぎと重なった事も

不運の一つでしたが、

次から次へと難題が降りかかって

スムーズとは程遠いお引越しになってしまいました。

(はい、お察しの通り、今日もかなり長いです。😓

お時間のある方はどうぞ。。。)

 

トラブルその①

 

今回の引っ越し、そもそも自分の意志で

行ったものではありませんでした。

引越しに至る顛末については、

ここでも詳しく書きました。

yuruyuruduessel.hatenablog.com

大家さんに頼まれて、

仕方がなくなく、

同じアパート内の

別の部屋に移ったわけでございます。

 

そもそも、引っ越したいわけでもないのに、

止むを得ず引っ越すとなったわけなので、

少しでも、わくわくできること、

新しいアパートに移りたいと

思える状況をあえて作ろうと、

奮発して、新しいキッチンを置くことに

しました。

 

ドイツでは(ヨーロッパ?j引っ越す時に、

自分の部屋をかなり自由に

カスタマイズできるようになっています。

キッチンはそもそも入っていない事も多いのね。

 

このアパートには、大家さんの持ち物である、

ガスコンロだけはありましたが、

基本のキッチンはなかったので、

新しく購入したというわけです。

 

と言っても、冷蔵庫は元々持っているのが

あったし、

ガスコンロにはオーブンがついているしで、

あと必要なのは、

棚や、作業台のみでした。

それでも、思い切って、

ちょっと無理をして、

食洗機をつける事にしました。

 

2月の終わりには、ソロのコンサートもあって、

超絶忙しかったのですが、

合間を縫って、

(引っ越す前にちゃんと

入って欲しかったので。)

Ikeaへキッチンを購入しに

行きました。

 

自分では、これで全てタイミング的に

バッチリ!と思っていたんですよ。

 

たしか、ちょこっとその事も

以前の記事に書いたと思うのですが、

Ikeaの配達、散々でした。😣😣😣

 

キッチンを購入した際に、

配達の話になり、

うちの目の前が交通量の多い大きな通りのようだけど、

大丈夫か?駐車スペースは十分に確保できるか

聞かれたわけです。

わたしは自分で運転しないし、

いきなり聞かれてもちょっと分かりかねると、

正直に答えました。

この時、一緒に来てくれていた

知り合いの親切なドイツ人が

車を運転する人なので、

うちの通りの状況を、Google マップの

ストリートビューを見ながら、

一時的な駐車スペースなら

あるという事を説明した所、

Ikea の店員さんも納得して、

「うん、それなら大丈夫そうですね。

正直、交通局に連絡して、

目の前の駐車スペースを確保するのは、

あんまりお勧めしませんよ。

高くつくし、

期日を確保するのに待ち時間が何週間もあると思うのでね。」

と言ったので、安心してお任せする事に。

 

これが、2月24日のことでした。

配達は、3月2日に予定されていました。

この日。

Ikeaの配達、やって来た事には

来たのですが、

「ちょっと、僕たち、ものすごーく大きいトラックで

来てるんだけど、駐車スペースないじゃない!

止められないよ。

こんな事なら、ちゃんと交通局に事前に連絡して、

スペース確保してなくちゃ困るよ!!」

と怒られて、

こちらも反論はしたものの、

聞いてもらえるわけでもなく

結局、彼らは

「次回からは気をつけてね!高くつくよ。

Ikeaが電話するから、新しい期日を決めて。

次回は、もっと小さいトラックで来るから!」

と捨て台詞を残して

帰ってしまいました。

 

あーあ、、、。

これはかなりがっかり来ましたが、

その週の金曜日に早速Ikea からの連絡が来たので、

気を取り直して、

3月11日、(引越しの前々日)に、

仕切り直す事にしたわけです。

 

大家さんが、Ikeaにキッチンの施工を頼むと、

バカ高いので、

大家さんの知り合いの業者が

12日に来るという事で、

準備万端、、、のつもりでした。

 

ここで話が終わらないのが、

ドイツの引っ越しですよ。😨

 

引越しの前々日。

前回は、前日にIKEAから

一報がsmsで携帯に届いたのに、

今回、うんともすんとも、

何も聞いていない事にふと、

違和感を感じで、

予定時間はその日の21時まで

という事でしたが、

Ikeaに4、5回電話をしてみるも、

全く繋がらず。

この時点で、不信感が最大に。。。。

この日。

まさかのまさか、が大当たりで、

IKEA、はい。

一日待っても、来ませんでした!!!!

 

この、電話しても繋がらないっていうのが、

また曲者でね〜。

普通ならお客様用コールセンターにかけて、

話し中の場合、

「ただいま、すべての係員が取り込み中ですので、

大変申し訳ございませんが、

そのまま、今しばらくお待ち下さい。」

というのが、まあ一般的ですよね。

Ikea のコールセンターは、

「ただいま、すべての係員が取り込み中ですので、

大変申し訳ございませんが、

また、後でかけ直してみてください。

IkeaのWebの方でも、

トラブルシューティングのページも

ございますので、どうぞご参照ください。

それでは、さようなら💕」

と明るい声で、ブチっと電話が切れちゃうんですよ。。。。

メールで苦情を書きましたが、

こちらも、全く返事来ない。

 

結局、引っ越しでただでさえ、

首が回らないほど忙しいところを、

無理やり時間を作って、

引っ越した当日(!)の事、

また、親切な知り合いが付き合ってくれたので、

一緒にIKEAまで苦情を申し立てに

出かけて来ました。

 

この日がまた傑作でした。

 

IKEAでまさに苦情を申し立てている

その時に

「IKEAから委託された運送会社ですが、

今から20分後にお宅へキッチンを届けに伺います。

大丈夫ですか?」

と電話が。

まさかのタイミングですよ。😫

なんで、まさに文句を言いにだけ、

時間をわざわざ割いてIKEAに来てる

このタイミングで?!

神様、ちょっとジョークが過ぎますぜ。

って感じでした。

 

これ、ちょっと一瞬、やばい状況でした。

普通考えたら、

わたしは外国人だし、

え何?期日を決める時に、

言い間違え&聞き間違えたんじゃ?

ってなりますよね。

IKEAの苦情担当の店員さんも、

疑わしそうな顔で対応して来ました。

 

でも!こちらが間違えるという事は

どう考えてもあり得なくて、

引越しの当日、

ただでさえてんやわんやのところに、

キッチンが運ばれて来る

オルガニゼーションをするはずがないし、

そもそも、引越しの2日前に配達されるという事で、

引越し前日に、わざわざ業者の手配までしてたんですから。。

最後は、IKEAが非を認めてくれて、

高い配達料を2度払わなくて済んで

セーフだったんですけどね。

本当、ひやっとしました。

 

さてさて。

紆余曲折の末、

やっとやっと最終的に決まった配達日は、3月17日でした。

この日、IKEAの配達業者から、

から配達時間を知らせる電話が

20分前にあり、

駐車スペースはあるかどうか、

聞かれました。

 

普通にしてると、

目の前の駐車スペースは大体うまっている、

うちの前の通りなのですが、

一時的に、歩道に乗り入れれば、

馬鹿でかいトラックでなければ、

まあ、なんとかなるといいね、、、と言う

心もとない状況でしたが、

一応、OKしました。

 

すると、この電話の数分後、奇跡的にすーっと✨

駐車スペースが空いたんですよ!

f:id:pockiepeach:20200329073554j:plain

(ここ、↑ほぼいつも、詰まってるのに。。)

 

この時は、まだギリギリ、レッスンができていた時で、

うちに来ていたドイツ人の大学生の生徒さんが、

「先生、ちょっと、椅子かなんか置いて、

駐車スペース確保しなよ!!早く早く!!!」

と煽ったもので、

わたしも大慌てで、ダンボールに、

「駐車スペース、確保!20分間。お願いします!」

とダンボールに書いて、

椅子の上にそれを置いて、

IKEAの業者さんが来るまでどきどきして待ちました。

 

業者さん、この後、無事に、

この駐車スペースに止める事が

できたんです。

これは、かなり感動的なシンクロでした。

 

この後も、しかし穏やかに終わらず、

一悶着。。。。😓

13日の金曜日の呪い、引っ張る。。

という感じ。

なんと、

コロナの件で、

IKEAが業者さんに

今週から

家の入り口までのみ、

配達するように言ったというんですよ。

 

こちらとしては呆然。

だって、キッチンが丸ごとだから、

すごい大荷物ですよ。

入り口に放置されてご覧なさい。

取り付け業者が翌日に来るはずでしたが、

それでも、

家は1階の入り口付近なので、

家の住人の全員が中に入れなくて

困る羽目になってしまう。

 

ここで、5分間は、全身全霊で

(過ぎてしまえば馬鹿みたいですが、

この時は、命がけですよ。😅)

ディスカッション。

こちらは、女性1人だし、

これを全部1人で運び込むなど、

正気の沙汰じゃない!

絶対に無理だから、台所まで運び込んでくれ!と

いかに、それが絶対必要かについて、

大説得をしました。

 

向こうは、自分は3人の子供がいるし、

とかなんとか、

もう、わたしの家にウイルスがあるのが

前提みたいな言い訳して来るので、

本当に信じられない状況でしたが、

なんとか、最後には向こうも、

フレキシブルになってくれて、

助かりました。💦

 

(↓この一式を、玄関前に放置しようとした

IKEAの運送業者。あり得ない。。)

f:id:pockiepeach:20200329075148j:plain

 

ふう。

キッチン一つの話で、今日は終わってしまいました。

引越しのトラブルは、しかし、

これで終わらなかったんです。😱

 

続きはまた、今週の木曜日あたりに。

良かったらまた見に来てくださいね〜👋🏻👋🏻👋🏻

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真いろいろ

本当は、昨日更新したかったんですが、

引きこもり生活の割に、

やる事がひっきりなしにあって

忙しくてですね。。😅

 

ちょっと、今日も、

写真をいくつか貼って、

ささっと更新したいと思います。

 

お引っ越しの話、引っ張りすぎですよね。。。😓

ちょっと、反省です。

コロナの緊急事態ぶりが

すごかったのでね。

ちょっと気を逸した感がありますが、

今週末、そのお話し、改めてできたらと

思っております。

 

しかし、引っ越してから、

明後日で早くも2週間。

あんまりにも色々な事が起こり過ぎて、

2週間も経ったように思えないんですけどね〜。

濃い時間って、早く過ぎますね。

 

f:id:pockiepeach:20200326074031j:plain


はい、今日1枚目の写真。

な、なんですかこれは。🥺

あほあほすぎますよね。

革製品のお店、店主さん、ちょっと

ふざけが過ぎるのでは??

それとも、本気で売ってたりするんでしょうか?

ちょっと暴走族みたいですよね。黒マスク。

f:id:pockiepeach:20200326074229j:plain

こちら、格安スーパー、Aldiにて。

今、お買い物に行くと、

正面にはこんな注意書きが、、。

次の人と1、5メートル空けてくださいねって。

お店によっては、入場制限しているスーパーも

あります。

トイレットペーパーと、パスタは相変わらず

手に入らないよ。😭

パスタは手もとにあるのを、

ケチケチ節約しながら食べています。

トイレットペーパーは、

ウェットタイプを買ってあるのと、

友達が、余分に持ってるからと

譲ってくれたので、

(神対応。ははは、ダジャレになってますね!🤣)

後1ヶ月ぐらいはなんとか持つかな〜。

 

f:id:pockiepeach:20200326074819j:plain

まだ行き来が許されていた頃に、

生徒さんが持って来てくれたバラ!

まん丸ですごくかわいい。

f:id:pockiepeach:20200326074948j:plain

新しいアパートの部屋の

台所から見える、大家さんの庭。

大家さんは、70代ぐらいなので、

のんびり、あまりやりすぎない程度に、

かと言って、放ったらかしでもない感じで、

地味にお庭を手入れされてる感じ。

この庭をボサッと眺めつつ、

頂く朝のコーヒーが美味しい。

 

今日もお付き合い頂き、ありがとう。

先ほどもお話しした通り、

週末に更新したいと思います。

やっと引っ越しの話、できる予定です!

よろしければ、また見に来てくださいね〜👋🏻

 

ノクターン (ヴァイオリンとピアノのための) Lili Boulanger

パンデミックの中心、ヨーロッパから、

今日もコロナニュースです。。。

なーんてね。

 

引っ越しの話、今日したかったんですけどね。

なかなか、

その話題に行き着かないですね。

というのも、目の前のコロナ問題の

存在感があまりにも大きく、

無視できない状況なので。。😓

(で、先に言っておきますが、

今日の記事は相当長いです。)

 

いや〜、ドイツ人って、

こないだも書きましたが、

火がつくまではかなり、ゆったりのんびりしている

んですが、

一旦、ギアが入った時、すごいですね。😨

 

結構、彼らのモグラ叩きのような

ウイルスと闘う勢いに目を丸くしています。

 

先週の月曜日、学校が閉まるニュースが

届いてから、状況が一気に深刻化。

公共の施設は全て、クローズ。

それだけでなく、

お店などもほとんど閉まり、

会社などもほとんどホームオフィスへ移行。

電車やバスも現在は、

土曜日のダイヤで動いている状況です。

 

私の場合、

引っ越しの間は、正直目の前のことを

やっつけるのに必死で、

閉じ籠って作業を続けていた為、

世間の状況について全く把握していない

状況でした。

 

引っ越しが無事に終わって、

(あまりにアクシデントが多かったので、

無事にと言えるかどうかは謎ですが。😅)

やっと時間が少しできたので

繁華街に用事を済ませに出かけてみたら、

あっちもこっちも店が閉まってるのが

異様でびっくりしました。

f:id:pockiepeach:20200321063531j:plain

大きなデパートも閉まっていました。↑

 

コーヒーのフィルターがどの段ボール

に入ってるか、ちょっと

見つけられないので

(引っ越した後から、

見つからないものだらけで、参っています。😭)

買いに行こうと思い、

Kaufhofと言うデパートに事前に電話して

店が開いてるか尋ねてみました。

すると、

「やってますよ〜。明日も、20時まで開いてますよ。」

って言ったから、出かけたのに、

閉まってました!!!!😱

 

このように、ちょっと先のことは

誰も予測がつかない状況になっています。

コーヒーのフィルターは

Rossmanと言うドラッグストアで

買えたから用は済んだんですけどね。

 

それで、家の中に閉じ籠ってから、

外へ出て、最大にショックだった

出来事はこれですよ!

 

じゃじゃーん、、、。

f:id:pockiepeach:20200321064443j:plain

f:id:pockiepeach:20200321064500j:plain

上はパスタの棚、下はトイレットペーパーの棚です。

まじか。。。。

 

これはかなりのショックでした。😱😱😱

だって、引っ越しで籠ってたもので、

全然備蓄してなかったから。

トイレットペーパーの残り、3ロールですけど。

 

どこにも売ってないわけではないですよ、、。

Amazonに売ってるの見つけましたが、

普段の3倍以上の値段。ひどいですね〜。

 

まだ、ウェットタイプのトイパは無くなって

いないのが救いでした。

こちらを三つ購入しました。

これと普通のを交互に使えば、

なんとか、次に補充するまで、

凌げるかなあ。。。🥺

どのスーパーへ行っても、この二つの棚は

同じ現象ですよ。

ドイツ人のいう、"Hamsterkäufe"の実態です。

ドイツの首相、メルケルさんの演説でも、

この単語、出てきましたね。

ハムスター買い、極端な備蓄に走る事です。

メルケル首相が、

連帯感と真逆の行為だと、批判していました。

 

お店というお店は

ほぼ全部閉まっているのですが、

カフェ、レストランは、

現時点では

15時までは営業を許されていて、

開いている店も少しあります。

 

引っ越しの衝撃か、プリンターが

壊れてしまい、

今日は印刷屋に電話してみたら、

これがなんと開いていてびっくりしました。

 

いつまで開いてるかは、謎ですけどね。

 

ちなみに、照明器具も

買わなくては行けなかったので

近所のホームセンター、

BAUHAUSに問い合わせてみたら、

これも運良く開いていました!

IKEA などの家具屋さんは

閉まっていますけどね。

 

今日聞いた話では、

来週からドイツも閉じこもり政策に

入るのではないかと、

もっぱらの噂らしいです。

 

なので、

今日、ようやく閉じこもるのに

ふさわしいぐらい、

大体必要と思われる食料を

ざっと買って来ました。

 

閉じこもると言っても、

買い物してはいけない、という事態には

ならないと思うのですがね。

メルケルさんも、ハムスター買いはやめてね、

と言ってたので、

最小限、2週間ぐらい生きていけるかな?

と思えるぐらいの食糧を買っておきました。

 

缶詰が良いって言っている人達が

いたんだけど、

缶詰で食べたいと思うものが

あんまりないのでね〜。

下手に必要ないのに買いすぎても、

後で困るしなあ〜。。

まあ、なんとかなるじゃろう。😅

 

という感じに、何を具体的にしたら良いのか、

右も左も様子が分かんないのが

困りますわ。

 

缶詰はひとまず、チリコンカルネ1缶。

ツナ缶2個、トマト缶2個とか?

買ってみました。

他にソーセージ、ベーコン、豚肉、

キャベツ、ブロッコリー 、青梗菜、

きゅうり、エンダイブ、トマト、

アボカド 、ジャガイモ、舞茸、卵6個

こないだ買っておいた納豆2パック。

こんな今の私の冷蔵庫の内訳。

もう、ぱんぱんよ!

あ、ピザも2枚ほど買いましたよ。

明日も店が開いていたら、

にんじんも買い足しておけば、完璧かな。

2週間と言わず、3週間ぐらい行けそうに

食べ物で溢れてますね。😅

 

引っ越したので、シンプル生活、

物をため込まない生活を

目標にしていたと言うのに。

 

まあ、非常時だからしょうがないか。

 

生徒さんは、やっぱり激減です。

半数以上がキャンセル出ましたよ。

何人か、オンラインレッスンに興味を

示してくれている生徒たちもいるので、

全員キャンセルにはなってないですが。

オンラインレッスン、

今まで試した人たちは2人。

まずまず、うまく行ったと思います。

 

現時点ではまだ、嘘か本当か

分かりませんが、

このコロナ問題による、

自営業者(音楽家、芸術家なども含む)

の窮状について、

政府が補填を検討しているというニュースがあり、

大いに期待しています。

ドイツはこういう時、とにかく対応が

早い気がしますし、

芸術家を決して見捨てないところが

なんと言っても素晴らしいと思います。

まあ、実際にどれぐらい補填されるかは、

始まってみないと分からないですけどね。

この件についても、また、

このブログで報告したいと思います。

 

-------------------

最後に、篭る日々の皆様へ、

今日の知られざる名曲。

フランスの女性作曲家、

リリー・ブーランジェの「ピアノとヴァイオリンのためのノクターン」

www.youtube.com

 

 

先日お話しした、

エイミー・ビーチと時代がかぶっていますね。

ただし、ビーチの方がだいぶ年上です。

そして、ビーチが70歳以上まで長生きしたのと

対照的に、

ブーランジェは、短命ですね。

ja.wikipedia.org

24歳で人生を終えています。

なぜか、天才の多くは短く凝縮した人生を

送っている事が多いですね。

 

--------------------

ちょっとね、引っ越しの話の続き、

(わざと引っ張ってるわけでは

ないんですよ。。)

次回はなんとしてでも

したいと思います。

 

更新はまたまたイレギュラーに、

水曜日あたりにできたら、と思います。

良かったらまた、読みに来てくださいね〜👋🏻

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

„Dreaming“ Amy Beach

昨日の晩あたり、

イレギュラー更新するつもりでしたが、

引越しの間に起こった様々なアクシデントの

後処理に追われて、

それどころではない日常になってしまいました。

f:id:pockiepeach:20200317082133j:plain

(春の始まりが、あちこちで感じられるようになりました。)
それに加えて、ここ数日は、皆さんのブログも

読みに伺う時間がない状況で、

いいねもあまりできておりません。😣

 

今日は、

引越しのお話の続き

をしようと思っていたのですが、

ドイツのコロナウイルス対策が、週末の前あたりから、

劇的に変化したので、

そのお話を少ししたいと思います。

 

前回ブログを投稿した時点では、

まだ、そこまで深刻な話にはなっていなくて、

周りの反応ものんびりした感じで、

噂に聞く

日本の様子とは随分雰囲気が違うな〜と

思っていたところ、ドイツにもそれ以上の波が

ざっぱーんと押し寄せて来ましたよ!😱


やはり、学校が閉鎖になる、というのは

日本でもそうだったと

思うのですが、

状況が深刻化したことの大きなバロメーターに

なりますね。

 

ヨーロッパは流行の中心になりつつ

あるので無理もないのですが、

ドイツ人は、点火するまでの時間が

かかる分、

一旦ギアが前に入った時の前のめり振りが、

かなり徹底していると思います。➡️➡️➡️➡️

 

思い込んだら命がけ、という感じ。

 

学校や、図書館、教会、

美術館、劇場などの公共機関は

すべて閉鎖。

スポーツ施設なども、もちろん閉鎖。

近いうちに、デパートなども

閉鎖になるのでは?と今日話した人々の間では

囁かれていました。

 

国境も近いうちに封鎖されますね。

 

会社も多くがホームオフィスに

移行して来ている状況です。

 

生徒たちの発表会は

決行するつもりでいたのですが、

そんな呑気なことを言っている状況では

なくなってしまいました。😭

会場主と話し合って、

幸い5月末へ延期することができたのですが、

5月までに落ち着いている保証はないですね。。。

 

ピアニストとしての

公共の仕事は全てキャンセル。

これが、現在のイタリアのように、

外に一歩も出てはいけないというような、

状況に進行する可能性も、

この先十分にある事態になって来ました。

 

今の時点では、生徒さん達の

キャンセルはごくわずかで

ほぼ普通にレッスンできていますが、

この先は、ピアノ教室も閉めなくては

いけない状況になる可能性大です。

 

先日、同業者の間でそんな話になった時、

オンラインレッスンという道が、それでも

残されているね、という話題になりました。

生徒さんさえ、OKしてくれれば、

そんな可能性もまだあるということ。

 

こういう時、フリーランスは厳しい状況に

立たされますね。

状況が戦時中のように、刻々と変化して行くので、

瞬時に判断して、

色々対応していかなければ 

いけないでしょうね。

 

さて。

今日も、篭る日々の皆様に、引き続き

知られざる美しい小品を紹介したいと思います。

 

ja.wikipedia.org

 

アメリカの女性作曲家、

エイミー・ビーチの「Dreaming」。

今日の作品は、ピアノソロ。

www.youtube.com

まるで、映画の主人公のような、

意志のある、強い目を持ったエイミー・ビーチ。

多くの才能ある当時の女性達が、

配偶者や世間にその可能性を奪われた時代に、

旦那さんに恵まれたビーチ💕

Wikipediaによれば、

作曲家としての彼女をサポートし、

家事を一切させなかったということです。

 

次回更新は、土曜日あたり、

イレギュラーに行いたいと思いますので、

良かったらまた、

見に来てくださいね〜。👋🏻👋🏻👋🏻

 

 

 

 

 

 

 

 

4つの水彩画 Tor Aulin

コロナウイルスのせいで、

日本では外出もままならない日常と、

今日、友人からLINEで聞きました。

 

ドイツは、気がつくと感染者が

1000人を超えていました。

日本よりだいぶ多いはずなのですが、

まだ、自分の周りを見る限り、

そこまで徹底した感じでは見られない様子です。

 

先週末のIKEAも、

(今、引越し準備中なので、IKEA通いしています。^_^;)

普段より人が少ないのかもしれないのですが、

そこまででもなく、

食堂では結構並びました。

土曜日ということを考えると、

ぽいと席が見つかったのは、珍しかったかも

しれません。

 

死者が出たことで、ドイツ政府が

はっきり動きを

変えたことの一つに、

1000人以上の集会について、

キャンセルを求めていることです。

 

学校や、会社はまだ通常営業です。

私も今月末、生徒たちの発表会を

予定しており、

父兄や、生徒本人(大人含む)の意見を

聞いているのですが、

誰も反対なく、

会場に電話して相談してみたところ、

そこでも問題視がないようなので、

決行しようと思っています。

これについても、日本での対応とは、

随分、雰囲気が違うのではないかと想像します。

 

引越しは、思っていたより大変で、

(同じ建物内なので、なんとなく、

軽く考えていましたが。)

途中から、Nachmieter(後に入る借り主)

も、やはり自分で探した方が良いだろうと

なったりして、

荷物詰の他にも色々やることが多く、

かなりギリギリの様相になって参りました。😅

テンパって来ています。

 

そして、恐ろしいですが、

人は、一度、何かを新しくしていくと、

全部、新しくしたい衝動に

駆られて来ますね。。。

ちょっと、

今、いくつかの家具と家電も変えることを

真剣に考え中です。

お金に羽が生えて飛んでいきますね。。😭

 

素晴らしいことは、アパートの引き継ぎが

無事に決まったこと!

(Nachmieterが見付かりました。👍🏻)

掲示を出してから、1日とちょっとなので、

かなり優秀ですね。やった〜🎉

 

そして、最大の困った出来事は、

IKEAのキッチンの宅配が、

なんとなんと、予定していた今日、

来なかったこと。

え?????!!!🤔

何それ?

でしょう。。

私もびっくりしていますよ。。

 

引越しの諸々、

続きの詳しい話はまた、

今週の日曜(日本時間、月曜ぐらい?)

にイレギュラー更新したいと思います。

はあ〜、、、、、しかし、

ドイツでの引越し。

色々、予測不可能な事態が起こりますね。

 

さてさて。篭る日々の皆様へ。

今日は、北欧の作曲家、

Tor Aulinの4つの水彩画を紹介します。

ja.wikipedia.org

 

今年の9月、世紀末から、

世紀初めにかけての作曲家がテーマの

コンサートに

ヴァイオリンとのデュオで

演奏会に出演する予定です。

知られざる名曲。

聴きやすく、美しい小品です。

よろしければどうぞ。

 

 

www.youtube.com